11/30(金)-12/25(月)エンマーケット@ルミネ立川にて天然貝螺鈿アートのスマホケース展開!12/5(水)ー14(金)ジェイアール名古屋高島屋ポップアップストア(4階ローズパティオ)1/12(土)-13(日)HMJ2019(東京ビックサイト西1・2ホール/J-137,138)

BLOG

2018/08/25 16:47

はい、タイトルの通りでございます♡


2018年8月24日(金)に公開となった
映画「検察側の罪人」。

この頃、よくCMでも見かけるので、ご存知の方も多いかもしれませんが、木村拓哉と二宮和也のW主演の映画です。




こちらの映画に!な、な、なんと!
プリクリのスマホケースが登場しているのです。

お話をいただいたのが、昨年のお話だったので1年越しの皆様へのご報告となります。

プリクリの商品を映画に使いたい!
と言ってもらえるなんて夢にも思わなかったので、とても良い経験をさせていただきました。

実はどんな風に使われるのかも知らずに、商品提供(笑)
なので、公開初日の昨日早速見てきたよ~♪


ちなみに提供したのは、このふたつ。

チタンケースの鞠デザインです。
左のは、この映画のために作成させていただいてます。

劇中は、ストーリーを楽しみながらも、いつ、どこに、誰が、プリクリのスマホケースを持って登場するのだろうと、そわそわ。

ネタバレはできませんが、結構しっかりと登場!
単純だから、簡単にテンションが上がってしまいました(笑)

それでね、この話にはオチがあるんだ。

協賛ブランドとして、「Print creative」の名前がエンドロール載るって話で。
しっかりとエンドロールも見ていたわけです。

そしてついに・・・・





Print dreative






・・・・ん?

・・・・え!?笑

dreative!?


そうなんです!
ブランド名違ってた~!!!!

すんごいオチ(笑)


まじめな話。
本来ならば、すっごく怒るブランドさんや企業さんってたくさんいると思います。
でもさ、もう出来上がってしまった映画で、修正なんてできないし。
制作会社にクレームを入れたところで、何も事は変わらないわけで。


だから、私はあえてポジティブに!


この名前が違ったという事実があることで、私にもみんなにも忘れられない記憶になったらいいなと思ってます。


みんな~!
これでもう私のスマホケースが映画に起用されたってエピソード忘れないでしょ!?


まさか、映画で名前を探す日が来るとは思わなかったんだけど。
さらには、名前が違っているなんて、経験もなかなかできないかと。


ということで、
公開中に是非劇場に足を運んで、3つのことをしてください!

1.映画を楽しむ(ストーリー結構面白い)
2.プリクリのスマホケースを探す
3.エンドロールまで見る(そして、dreativeを確認する)


次の映画起用のときは、名前が間違えられませんよーに!!!



▼劇中に登場するスマホケースはこちら▼





▼同じデザインで多機種対応ならこちら▼